シロップタイプのオリゴ糖は赤ちゃんに与えないで!

スーパーなどで良く見かかるシロップタイプのオリゴ糖は比較的安価で手に入りやすく、砂糖の代用品として使用する人も多いと思います。

 

オリゴ糖の効果は便秘解消などの腸内環境を整えたり、虫歯になりにくいという効果がある為、赤ちゃんの健康の為に使用したいと思うママも多いと思いますがこれには少し注意が必要です。

 

理由1 シロップタイプは添加物に注意

 

シロップタイプのオリゴ糖の成分表示を良く見ると、砂糖や人工甘味料などが含まれている場合があります。また、香料や保存料といったものまで入っていることが有る為、シロップタイプのものは、この添加物に注意をする必要があるのです。人工甘味料は健康に良くないという意見もあり、お腹をゆるくしたりる作用のものもあります。

 

砂糖は虫歯になる危険があるからオリゴ糖のほうが良い、と思っていても結果的には砂糖や人工甘味料などの添加物を摂取することになってしまいます。赤ちゃんの体は免疫力や解毒機能も未発達ですから、添加物の入っているものについては極力赤ちゃんには与えない方が良いでしょう。赤ちゃんにオリゴ糖は虫歯の原因になる?

 

 

理由2 オリゴ糖が少なく純度が低い

 

シロップタイプの物は液状で料理や飲み物に溶けやすいのが特徴ですが、水分を含んでいる分オリゴ糖の含有量は少なくなります。販売されているシロップタイプのオリゴ糖はメーカーによっても違いますが、オリゴ糖の含有量は100g中10g〜50g程度となっているようです。

 

便秘解消の効果を得るためにオリゴ糖の効果を得ようとすればかなりの量のシロップを与えなければなりません。赤ちゃんにオリゴ糖を与える場合は純度の高い良質のものを選ぶことが大切です。

 

赤ちゃんには粉末オリゴ糖がおすすめ

 

粉末のオリゴ糖はほとんど水分を含まず、砂糖や人工甘味料など余計なものが入っていません。ほぼ100%の純度の高いオリゴ糖ですから、デリケートな赤ちゃんにも安心して与えることができます。

 

また、粉末オリゴ糖には数種類のオリゴ糖をブレンドしているものが多い為、さまざまな腸内細菌にアプローチすることができるので高い健康効果が得られます。

 

粉末タイプのデメリットを上げるとしたら、あまり市場に出回っておらず、ネット通販がおもで、少々値が張るというところですが、健康効果を考えたら大きなプラスとなるでしょう。

 

赤ちゃん用のオリゴ糖のおすすめは?

赤ちゃん用オリゴ糖1位 カイテキオリゴ

赤ちゃん用オリゴ糖1位 カイテキオリゴの特色

カイテキオリゴの特色は、
・累計256万個の販売実績
・純度ほぼ100%のオリゴ糖
・全て天然原料使用
・6種のオリゴ糖を独自開発のEOS理論でブレンド
・専任アドバイザーによる徹底したサポート体制
といった点があります。

価格 容量 評価
定期初回1,419円(税別) 150g(約1ヶ月分) オリゴ糖,シロップ,赤ちゃん
原材料
ラフィノース、ミルクオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、乳糖、イソマルトオリゴ糖、ショ糖/環状オリゴ糖、難消化性デキストリン、アカシア食物繊維
備考
定期コースの2回目以降は最大20%オフで2,270円(税別)。ただし3ヶ月以上継続が条件
赤ちゃん用オリゴ糖1位 カイテキオリゴの総評

純度ほぼ100%のオリゴ糖6種類をブレンドした製品です。粉末タイプのオリゴ糖食品で、そのまま舐めても美味しいですし、様々な用途で利用できるのが特徴です。

 

開封後に時間がたってもサラサラとして使いやすく、便秘に対する効果に定評があります。定期コースならかなりお得に続けられます。

 

カイテキオリゴの公式サイトはこちら

 

赤ちゃん用オリゴ糖2位 はぐくみオリゴ

赤ちゃん用オリゴ糖2位 はぐくみオリゴの特色
 

はぐくみオリゴの特色は、
・純度の高い5種類のオリゴ糖をブレンド
・100%天然原料
・10日間の返金保証
・定期コースでもいつでも解約OK
といった点があります。

価格 容量 評価
税込3,680円(送料300円) 150g(約1ヶ月分) オリゴ糖,シロップ,赤ちゃん
原材料
ガラクトオリゴ糖、キシロオリゴ糖、ラフィノース、フラクトオリゴ糖、乳果オリゴ糖
備考
定期コースは初回1,840円(税込)。いつでも解約可
赤ちゃん用オリゴ糖2位 はぐくみオリゴの総評

妊婦さんに人気の高いオリゴ糖ですが、もちろんどなたでも飲める高品質のオリゴ糖です。そのまま舐めると綿アメのようにフワッと溶けるような特徴があります。ほのかな甘さがあり、低カロリーで血糖値を上げにくいタイプの健康食品です。

 

はぐくみオリゴの公式サイトはこちら

 

赤ちゃんにオリゴ糖を与える時のQ&A

 

赤ちゃんにオリゴ糖を与えても大丈夫?

シロップタイプのオリゴ糖はおすすめしませんが、砂糖や添加物の入っていない純度の高い粉末オリゴ糖なら大丈夫です。

 

そもそもオリゴ糖は母乳にも約130種類含まれる赤ちゃんと親和性の高い糖分です。

 

赤ちゃんは母乳に含まれるオリゴ糖の作用によって、お腹の中のビフィズス菌を増やし、腸内環境を良くして免疫を働かせます。

 

まだ抵抗力の弱い赤ちゃんだからこそ、感染症などにかからないようママの母乳が守る役割をしているのです。

 

でも、便秘ぎみの赤ちゃんは腸内環境の力が少し弱りつつあるサイン。

 

だからこそ、良質のオリゴ糖を補ってあげましょう。

 

粉ミルクにも1〜3種類程度のオリゴ糖が配合されているものもありますが、母乳の130種類とはいかないまでも、5〜6種類は配合されているものがよいでしょう。

赤ちゃんはオリゴ糖をいつから飲めるの?与える量は?

オリゴ糖については、いつから飲めるというような定めはありません。

 

母乳にも粉ミルクにも含まれる成分ですから、安心して与えることができます。

 

ただし、量については加減しながら与えないと、お腹が緩くなって下痢をすることがあります。

 

純度の高いオリゴ糖であれば、以下のような量の目安で与えてみてください。

 

新生児(生後6ヶ月未満ぐらいまで)
1日に0.5gを目安として与えてみます。あまり効果が見られない場合は、徐々に量を増やしてみます。

 

生後6ヶ月以上
1日1グラムから始めます。様子をみながら、効果が出るまで少しずつ量を増やしていきます。1日3gぐらいまで量を増やして大丈夫です。

オリゴ糖の飲ませ方は?

赤ちゃんにオリゴ糖を飲ませる場合は、基本的にはミルクに混ぜて哺乳瓶で与えるとよいでしょう。

 

哺乳瓶で飲みたがらず母乳しかだめな赤ちゃんの場合は、オリゴ糖を少量の水で固めて乳頭に塗っておくという方法があります。

 

すでに離乳食が始まっている赤ちゃんであれば、離乳食に混ぜて与えるのもよい方法です。少量のオリゴ糖を混ぜても、味を変えることはほとんどありません。

毎日与えても大丈夫?虫歯にならない?

繰り返しになりますが、オリゴ糖は母乳にも含まれる成分で、母乳やミルクの栄養を補うものと考えてよいでしょう。

 

ですから、毎日与えても大丈夫です。

 

虫歯については、オリゴ糖は砂糖と異なり虫歯菌の餌にはなりませんから、オリゴ糖のせいで虫歯になるという心配はないといわれています。

 

もちろんこれらのことは、砂糖や添加物の含まれていない純度の高いオリゴ糖の場合に限ります。

 

カイテキオリゴがおすすめの理由

カイテキオリゴのパッケージ

 

粉末タイプのオリゴ糖ではカイテキオリゴ糖がおすすめです。カイテキオリゴ糖をおすすめするポイントはまず腸内に棲む善玉菌全体にアプローチする配合です。善玉菌にはそれぞれ腸内の棲息する場所が違いますが、それぞれにしっかりと届くような配合で腸内全体の善玉菌を活性化させます。

 

さらに湿気に強いためサラサラで使いやすいことです。粉末状のものは湿気に弱い為すぐ固まるのが難点ですが、カイテキオリゴ糖は最後までサラサラで使用できます。カイテキオリゴ糖は便秘だけではなく免疫力アップや美肌効果も期待できます

 

オリゴ糖は使い続けることで健康効果を得ることができるので、長期的に摂取することが望ましいと言えます。カイテキオリゴ糖の定期コースなら初回がお得に購入できます。

 

カイテキオリゴの公式サイトはこちら

 

病気に打ち勝つ免疫力を維持するために

血液や体液など人間の体の内部の水分は、重要な役目をしています。1杯だけの水でもその価値は貴重で、大腸の蠕動運動を活性化してスッキリに役立ったり、美しい肌つくりに貢献したり、食べる前に飲んで消化の備えができたり、尿と汗をよく出させることで体内の不要物の排泄にプラスとなっています。

 

 

 

さらに疲労を感じた時やいら立つ時もそれらを和らげる作用もあるのです。成長途上の子にとっては栄養面の適正な食べ物を美味しく食べられることが重要です。ところが、過度に食べ過ぎると、根本的にカラダに備わっているべき栄養のシーソーが乱れ兼ねません。一つの幼稚園では自分の分のご飯を自分でよそわせ、子ども自身の欲している容量の実感できるようにさせているようですが、家庭でもまねできるかもしれません。
現代っ子は体格にも恵まれ身長も高く、手と足もかなりロングで、旧時代の人たちよりクールなスタイルです。この背景には炭水化物が多くなる日本古来の食事から動物性食品の摂取が多い欧州や米国のようなタイプに社会全体として傾いてきたからです。その反面、高血糖や高脂血症などの昔は日本には縁がないと思われていた病気なども多くなっています。

 

 

 

もっと心配なのは小児の生活習慣病・肥満も格段に多くなってきている状態です。

 

 

ベジタブルから摂れるビタミンなどの栄養素は、それ以外の様々な栄養をサポートする、体が生きていくのに必要な生理反応を調整するなどの仕事があります。

 

 

全身の細胞を元気にし、病気に打ち勝つ免疫力を維持するために、絶対に欠かしてはいけない栄養といえます。

 

 

 

きゅうりやジャガイモなどの野菜や桃やバナナなどの果物から摂れるビタミンは免疫のカギである白血球の働きを強化します。小児の脳機能は三歳や四歳ぐらいで大人の8割以上にも大きくなります。

 

 

 

あとは与えられた刺激によって向上していき、言うならばトレーニングで筋肉が強くなっていくかのように、知力を意識的に鍛えることで向上していきます。

 

栄養学の観点ではビタミンB1とカルシウムが脳がしっかり働くために重要な栄養です。

 

付け加えるとDHAやEPAには神経細胞のリンクを円滑にする作用を持っています。すぐにイラっときたり、たいしたことないのに激怒する子らがますます多くなっていると感じています。

 

 

子どもも多くのプレッシャーを感じているからでしょうが、日頃の食習慣、とりわけ白砂糖の摂取の多さともつながりがあります。

 

糖分の摂取が多すぎると低血糖症の症状が現れます。
白砂糖などの糖質は血糖を上げるスビートが急速です。
その上昇を抑え込むため膵臓から放出される大量のインスリンが低血糖の状態を引き起こします。眠ることで嫌なことや不安を忘れられたり、ストレスを軽減するのにも一役買っています。子どものケースではそれらだけでなく脳や神経の発育にも大きく関係してきます。
そのため、たっぷりと眠るということは、成長途上の小児の脳神経を完成形までもっていくためにも欠かせないのです。仮に睡眠を妨げる深刻な要因があると、大脳がしっかりと発達しないといった悩みも生じるかもしれません。

 

 

子どもが水分を欲しがるようなときは、ジュースやお茶類ではなく水を与えるほうが勝っています。いろいろな添加物が入っていないので、細胞に吸収されるのが早いのです。

 

特に起きてすぐに水をコップ1杯飲用すれば、胃にスイッチが入って自律神経も活発になり胃腸は懸命に働き始めます。食欲が出てきますし、冷水のクールな感覚でスッキリとした目覚めを感じることができます。